歯の矯正の正しい知識

はじめに

歯の矯正というものは大人になってしまうと身体に大きな負担がかかってしまうといわれています。大人の歯を矯正していくということは、成長過程であるような子どもよりも、歯を動かすのが難しいですから多くの時間がかかってしまうこと、また子どもとは違って、毎日の仕事であったり、もしくは通勤などといったものによって疲れもたくさん溜まってしまいますし、休みもそれほど簡単にはとることはできませんから、大人の歯列矯正というものは余計に大きな負担になってしまうのではないでしょうか。歯の噛み合わせせというものを変えていくのは、すなわち身体の矯正ということでもあります。

歯の痛みによって受けるストレスであったり、もしくはイライラといったものは個人差が大きくあるのですが、もとから細かいような仕事であったり、もしくは長時間のデスクワークなどしているような人は、仕事に対して集中していくことができなくなってしまったり、または肩がこってしまったり、もしくは腰痛であったり、身体のだるさなどといったような症状を訴える人もいるようです。

歯を矯正しているときは、歯を動かしていくためにワイヤーによって、歯を無理やり引っ張るのですから、当然身体に対しては大きな負担がかかります。

元々からあった歯を動かしていくというストレスから、夜中に歯ぎしりをしてしまったり、もしくは歯を思いきり食いしばっていたり、または顎関節症であるような人は顎を通常よりも大きく動かしてしまうなどのようになります。この歯の食いしばりであったり、もしくは歯ぎしりといったようなものは、体の至るところの筋肉を緊張させてしまったり、またはそれによって頭痛が引き起こされてしまったりします。

そのような時は、痛みであったり、もしくはコリといったものが自分が思っているほどひどい状態ではなくても、足つぼマッサージであったり、もしくは全身マッサージを受けてみるといいでしょう。緊張してしまっていた身体の緊張が、マッサージで血液循環がよくなることによって症状が和らぎます。

スポンサードリンク

ページトップ